Home>診療科・部門紹介 >麻酔科の紹介

麻酔科の紹介


特 徴

 当科には、麻酔科専門医3名、麻酔科標榜医2名、研修医若干名が勤務しています。日本麻酔科学会の麻酔科認定病院で、心臓の手術を含めた各種の手術が行われています。最近の年間総手術件数は2,700件前後で推移しており、平成27年度は2,793件でした。当院では多くの手術で麻酔科医が麻酔を行っていますが、平成27年度は2,175件で麻酔科が関与しました。
 以下に、麻酔の流れについてお話します。患者様に手術が予定されると、当院では原則的に手術日の2日前あるいはそれ以前に、3階にある麻酔科外来で麻酔科医師が術前診察をします。入院中の患者様で移動が困難なときは病室まで往診して術前診察をします。ご希望も参考にしながら、患者様を自分の家族と思って最良と考えられる麻酔の方法を計画します。手術が決まると、何かと不安が多いと思います。分からないことがあったら何でも聞いて下さい。その場で聞きそびれてしまっても、麻酔科外来は毎日午前中に開いていますから、気軽に来て頂ければ、午前中ならいつでもお答えします。
 手術当日、以前は移動用のベッドに寝た状態で入室してもらっていましたが、現在は元気な方は歩いて入室してもらうこともあります。手術が始まる前に麻酔をします。局所麻酔だけであれば手術中に目が覚めていますが、全身麻酔も行って意識を無くすこともしばしばあります。いずれの場合も、手術中は痛くありませんので安心してください。手術後にも、可能な限り苦痛を感じないように工夫をしています。例えば、背中に細い管を入れて、そこから痛み止めを入れる鎮痛法がありますが、このような方法を積極的に利用して手術後の痛みを軽減しています。大きな手術の場合や、患者様の状態によっては、術後はHCU(高次治療室)で診させていただくこともあります。
 手術の翌日以降に病室にお伺いして、麻酔の術後診察を行います。麻酔の術前診察時から手術後の現在までの間で、 気付いたことがありましたら何でもいいですのでお教え下さい。
 麻酔科の外来業務に関しては、上に述べましたように主に術前診察を行っています。麻酔科の受付で、あらかじめメディカルアシスタント(医師事務作業補助者)がお話を聞かせてもらいますのでよろしくお願いします。



主な取扱い疾患

  • 入院患者さま対象
     帯状疱疹後神経痛、腰下肢痛、頚肩腕痛、慢性難治性疼痛、癌性疼痛、突発性難聴、ほか

診療実績

H23年度
(2011)
H24年度
(2012)
H25年度
(2013)
H26年度
(2014)
H27年度
(2015)
総手術件数 2,642 2,712 2,627 2,776 2,793
麻酔科関与件数 2,099 2,152 2,075 2,123 2,175

学会施設認定

  1. 日本麻酔科学会麻酔科認定病院


診療日

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
術前診察
(午前)
術前診察
(午前)
術前診察
(午前)
術前診察
(午前)
術前診察
(午前)

スタッフ紹介

麻酔科部長
内藤 威
詳細
麻酔科顧問
倉敷 俊夫
詳細

第二麻酔科部長
上田 真由美
詳細
麻酔科医師
播本 尚嗣
詳細

麻酔科医師
播本 由香利
詳細
麻酔科医師
藤井 勇雄
詳細