内科の紹介


内科の特徴

  当院の内科は、消化器内科、糖尿病・代謝内科、呼吸器・感染症内科、腎臓内科、循環器科の5科で構成されており、2016年11月1日現在、常勤医師26名が診療を担っています。2013年からは甲状腺・内分泌内科として鳥取大学の専門医が週1回木曜日に診療しています。
 内科外来は6室の診察ブースと主に急患対応を行っている2室の処置室を有するほか、心エコー室、腹部エコー室および内視鏡室とも連結しており、それぞれの領域ごとに専門性の高い医療を行うとともに、内科として全領域をカバーしうる充実した、隙間のない診療の実践に努めています。さらに2014年4月1日からは婦人科の新設に伴い、これまでネックとなっていた女性診療にも積極的に取り組めるようになりました。
 こうした専門性と総合性は、地域の患者さんたちにとっては専門性の高い医療を受けられると同時にさまざまな内科合併症にも十分対応しうるという大きなメリットがありますし、また地域医療における人材育成の観点からも、内科研修において深く且つ幅広い研修が可能となるという利点も有します。
 われわれ内科医師たちは常に的確な診断と適切な治療を行うことをモットーに診療に従事しています。診察医の専門外の合併症についての処置あるいは治療方針などについて即座に該当専門医師による対応が可能ですし、また、急患のみならず疑問のある症例についても各専門医が協力して診療にあたる態勢が整っています。専門性の垣根を超えて迅速に対応ができる連携の良さが当院内科の特徴です。どうぞ安心して患者さんをご紹介下さいませ。