Home>診療科・部門紹介 >整形外科の紹介

整形外科の紹介


特 徴

 当科の診療内容は、骨折・脱臼・脊椎損傷などの外傷性疾患はもちろんのこと、関節疾患、脊椎疾患、手の外科、骨粗鬆症、末梢神経障害などです。

   

当科で行っている診療内容は

  • 骨折などの外傷、骨関節感染症:(山下・築谷・椋)
     骨折などの外傷は、最も重要な分野です。骨折の治療はスピーディーさが大切です。麻酔科や内科の協力をいただき、早期にかつ安全に手術を行う環境を整備しています。
  • 関節外科:(岡野・大月・築谷)
     変形性関節症・関節リウマチが主な対象です。股関節や膝関節の人工関節や(岡野・大月)、比較的若い症例には、骨切り術などの関節温存手術を行っています。2014年より、人工関節はナビゲーション手術や3D立体モデルによる手術支援の併用を行っています。
  • 関節リウマチ:(大月・山下・岡野)
     内服薬のメトトレキサートを軸とし、疾患活動性に応じて生物学的製剤を使用し、寛解を目指します。
  • 脊椎脊髄外科:(楠城)
     頚椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアに対して、年間150例程度の手術を行っています。手術は金属固定材を併用しますので、早期退院が可能です。勤労者脊椎・腰痛センター
  • 手の外科・上肢末梢神経障害:(山下)
     手の骨・腱・靱帯損傷、手根管症候群、肘部管症候群などが主な対象です。鳥取県唯一の手外科専門医の山下優嗣医師が微小血管外科・再接着などを行います。
  • 小児整形:(岡野・山下)
     股関節疾患と上肢の先天性障害が主になります。小児科にサポートしていただいています。
  • 骨粗鬆症:(岡野・大月・楠城)
     当院では骨代謝マーカーと骨密度測定装置(DXA)を用いて、治療のモニタリングを行っています。骨密度測定は、骨折し易い部位(脊椎・大腿骨)で測定するのが理想的です。骨密度測定のみの依頼も間便に利用できる体制をつくりました。
  • スポーツ障害:(築谷)
     膝半月板障害、靱帯損傷などが主な対象となります。専門的なスポーツ障害については鳥取大学と連携して治療にあたります。
 

主な取扱い疾患

 骨関節外傷および感染症、関節変性疾患(リウマチを含む)、脊椎脊髄疾患、手の外科、小児整形、骨粗鬆症


診療実績

術  式 H23年度
(2011)
H24年度
(2012)
H25年度
(2013)
H26年度
(2014)
H27年度
(2015)
脊椎外科 頚椎 39 28 34 36 40
腰椎 47 63 63 61 70
ヘルニア摘出 42 21 35 27 28
その他 4 18 19
リウマチ・関節外科 人工関節置換術 80 70 71 86 87
骨切り術 5 2 4 11 7
関節形成・授動術 30 22 4 45 27
靱帯再建術 54 29 20 6 9
半月板 60 59 41 21 9
肩腱板修復 21 5 6 4
その他 13 48 5 27
   末梢神経 32 41 53 58
骨折・外傷 骨接合術 572 257 103 249  238
転子部骨折 73 90  122
人工骨頭 38 40 50  39
その他 16 246 83  89
再接着 4  20
   その他 175 19 136  150
合計 929 850 847 987 1,043

学会施設認定

日本整形外科学会研修認定施設    日本手外科学会研修認定施設



診療日

火曜日は休診、木曜日は外来受付時間を午前10時までと致しますのでご了承ください。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診 岡野  徹 (休診) 山下優嗣 金子忠弘
(10時まで受付)
岡野  徹
2診 築谷康人 大月健朗   大月健朗
3診 楠城誉朗 楠城誉朗 山下優嗣
4診 上村篤史 上村篤史 築谷康人
急患


スタッフ紹介

整形外科

整形外科部長
岡野 徹
詳細
整形外科副部長
築谷 康人
詳細
整形外科副部長
上村 篤史
詳細

関節整形外科

関節整形外科部長
大月 健朗
詳細

脊椎整形外科

脊椎整形外科部長
楠城 誉朗
詳細

手外科

手外科部長
山下 優嗣
詳細