Home>診療科・部門紹介 >小児科の紹介

小児科の紹介


特 徴

 当科は平成26年4月に新設されました。診療所や他の一般病院ならびに鳥取大学医学部附属病院と緊密に連携を取りながら、小児医療ならびに周産期医療を行います。当院は総合病院ですので、他の診療科との共同診療が可能であり、多様なニーズにお応えすることが可能と考えます。標準医療を実践し、患者さまやご家族の疑問に真摯に耳を傾けることができる医療を心がけます。
外来は午前の一般外来と午後の乳児検診・予防接種と専門外来で、入院は一般小児部屋10床と新生児室4床です。新生児から中学生までの小児を対象に、小児科全般について最善のプライマリケアと総合診療を提供できるように努めています。




主な取扱い疾患

  • 新生児医療
    産科と連携をとっての院内出生新生児の診療は、山陰労災病院小児科の重要な役割となっています。すべての新生児に対して、小児科医師が2回以上の診察をおこなっています。在胎36週以上で、新生児集中治療室を必要としない状態の新生児にできるかぎり対応します。早産児、低出生体重児、新生児黄疸、軽症の呼吸障害、低血糖などが主な疾患です。当院での対応が困難と考えられる患者さんは、鳥取大学医学部附属病院等へ新生児搬送し診療を継続していきます。
  • 外来診療
    呼吸器系、消化器系などの感染症を中心に、気管支喘息・食物アレルギーから、便秘、頭痛、夜尿症など一般小児内科疾患全般に対して幅広く対応します。
    平日午前は、常勤医2~3名体制で外来診療をおこなっています。紹介状をお持ちの患者さんはもちろん、紹介状のない方も予約のない方も時間内に受付していただければ救急診療させていただきます。診療時間は8:30から12:00までです。受付された患者さんを重症度や年齢から優先順位をつけ、一人一人の患者さんとご家族が納得して帰宅していただけるよう丁寧に説明、診療をおこなっています。混雑状況等によりお待ちいただく場合がございますのであらかじめご了承ください。より専門性のある小児診療が必要な場合など、ご家族の希望もうかがって、より高度・専門性のある医療機関に紹介することもあります。希望があれば他科への院内紹介もしています。
    午後の外来はすべて予約が必要ですが、急患対応はしておりますので、受診前にご連絡ください。
    乳児健診および予防接種外来は、毎週月曜日~木曜日午後に、1ヶ月健診は金曜日に行っております。ワクチンの種類によっては同時接種もおこなっています。費用や接種時期についてはご相談ください。 時間外診療、夜間休日の救急診療は、鳥取県西部医師会の小児2次輪番病院として、近隣の病院小児科と連携協力し、担当させていただいております。
  • 専門外来
    以下の小児疾患については専門医による診断および治療を行っています。
    小児循環器疾患: 先天性心疾患 川崎病 不整脈など
    小児腎泌尿器疾患: 血尿蛋白尿 ネフローゼ症候群 慢性腎炎 水腎症など
  • 小児入院診療
    主に、軽症から中等症の急性肺炎、気管支炎、感染性胃腸炎、脱水症、気管支喘息発作、川崎病などの疾患に対して入院診療をおこなっています。ご紹介のときは事前に電話をいただけると幸いです。重症例やより高度で専門的な診療を要する場合には、鳥取大学医学部附属病院等へ紹介転院、診療を継続していきます。
  • 鳥取大学医学部学生実習にご協力のお願い
    定期的に鳥取大学医学部の学生が臨床実習に参ります。
    ご協力のほどよろしくお願い致します。



学会施設認定


  1. 日本小児科学会専門医研修連携施設


診療日

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 1診 林 篤 船田裕昭 林 篤 船田裕昭 林 篤
2診 船田裕昭 林 篤 清水敬太 林 篤 船田裕昭
一か月検診
(14~16時)
      林 篤 船田裕昭
乳幼児健診
予防接種
(14~16時)
船田裕昭
清水敬太
林 篤
清水敬太
船田裕昭
清水敬太
林 篤
清水敬太
専門外来
(14~16時)
神経・発達
障害 
大野耕策
(紹介のみ)
大野耕策
(紹介のみ)
大野耕策
(紹介のみ)
大野耕策
(紹介のみ)
専門外来
(10~12時)
小児
循環器
    船田裕昭    

1.小児科救急当番日

  • 毎週木曜日(18:00~22:00)、毎週土曜日(17:00~22:00)
    祝休日(月、火、木、土の9:00~17:00)

2専門外来・乳幼児健診、予防接種外来は予約が必要です。




スタッフ紹介

病院長
大野 耕策
詳細
小児科部長
鳥取大学医学部臨床教授
  林 篤     詳細

第二小児科部長
船田 裕昭
詳細
小児科医師
清水 敬太
詳細